FC2ブログ

七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七ヶ浜町代ヶ崎工区で田植えが始まりました\(^0^)/

「今日から、田植えをします!」と電話が入り、
いざ、代ヶ崎工区の田んぼへ!

IMG00647.jpg
しっかりと育てられた苗が田植え機に積まれ、
3年前の光景が一部だけですが蘇りました…。

今日は、阿川工区の田植え機もヘルプに来ていました。
いつも、1台で回していたこの代ヶ崎工区。
IMG00657.jpg
2台だけでも、活気にあふれています。

知らないということは、驚きの連続w
前回は、トラクターのローターの動きに驚き、
今回は、この田植え機の車輪の細さ!
IMG00660.jpg
どちらかに重心をかけたら、傾いてしまうような細さです。
今まで(震災前)は、見かけていても畦で隠れて見えていなかったのですが、
こうして近くで寄ってみると、幅15cm付いている羽で20cmあるかないかの車輪。
だから、この間隔で苗を植えることができるのですね。
それにしても、ほんと、細いです。。。

我妻さんから「絶対写さないよーに!!」と念を押されていた、
この1枚の写真。
IMG00646.jpg
陸に上がるやいなや、
「あ~、もー、やだわー。ほんと、凹む。自信喪失!!」と苦笑する我妻さん。
水稲農家にとっては、1直線のラインが当たりまえ。
でもこの写真、曲がってるんです。
除塩をする時、
横に細かくラインを入れて、塩抜けがいいようにしたのだそう。
田植え機の進む方向は縦、除塩の時のラインの方向は横。
交差するところで、代掻きでは掻かなかった底の轍にはまり、
ハンドルを取られてしまっているそうです。
あの車輪の細さなら、なおのこと操作しにくいでしょう。
写真をよく見てみてください。
1回に6列の苗を植えこむのですが、12列目も同じところで曲がっているのです。
そこに、除塩のラインが入っているということになります。

言いつけを守らなかったことは、反省いたします。
ですが、除塩の跡…
これもまた、皆様に見ていただきたい震災後の農業復旧の軌跡なのです。

IMG00558.jpg
そして、畦にある拾いきれない瓦礫。
手拾いで丁寧に拾っていただいても、掘れば掘っただけまだ出てくるのです。
先日も、地元のテレビで我妻さんのお父様が
「対策はエンドレス。死ぬまで瓦礫拾い」とおっしゃっていました。
こうして水稲ができる田んぼは、一握り。
田植えのできない半分以上の工区も、同様の状況です。
次期、他の工区で田植えや畑ができるとしたら、
少しでも、長靴で入れる環境、手で作業できる環境に近づけられれば、
と願わずにはいられませんでした。

夕暮れ近い時間、
田植えの終わった田んぼでは、
鴨さんたちが苗付近をついばむ、のどかで穏やかな時間に包まれていました…。
IMG00663.jpg
スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2013/05/22(水) 01:12:27|
  2. 7-七プロジェクト2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanalabo.blog.fc2.com/tb.php/69-91197c5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。