FC2ブログ

七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

花の淵わかめのメカブ収獲!

朝の身支度を行い、午前四時半に船に乗り込む。
いざ!七ヶ浜町花渕浜
花の淵わかめのメカブ収獲へ!


昨年からわかめの収獲について、
色々と体験させていただいていたのですが、
メカブの収獲については、今回初めての同行。
メカブがどうやって収獲されるのか、
実は日々悶々と考えていたのですっ!!!

海面の養殖ロープを引き上げると、
果実のようなメカブがごろっごろと、
たわわに実ってましたw


その株を、
ワイルドに鎌でザックザクと容赦なく
切り分けてゆきます。


私の頭の中ではこうでした

しかし、
ぱこっと外れるものではなかったようです ヾ(- -;)
胞子から育て、
根っこもなかった花の淵わかめの幼芽。
その芽が、
力強い根っこの塊を作り、
しっかりとロープに絡みついた姿を見た時には、
感無量でした。

刈り続ける事、1時間。
船には盛りに盛られたメカブがいっぱい!


メカブにも様々な表情があり、
プリーツレタスのようにフリフリの部分もあるんですよ。

下の写真は、
わかめとして出荷するため、刈取られた切り口。
どうやら切り口からの再生はないようですね。


陸に水揚げされた、花の淵わかめのメカブ。
漁港ならではの圧倒される光景です。

このメカブの塊を、
今度は一個一個に切り分け、根っこの部分と分別されます。

皆さんが手に取るメカブは、通常この状態↓。



今日は出荷のため、
さらに、茎とメカブを切り離します。

このV字の『メカブカッター』かすごい!
茎とメカブの間にす~~っと通すだけで、
美しくはがすことができるのです。
が…、これもまた手作業。
花渕浜わかめ部会のご夫婦8名、
県魚連からの力強い助っ人2名と
私で3時間超え。
塩蔵わかめにしかり、このメカブ収穫も、
丁寧な手仕事の上に成り立っているのです。

一つ一つの生産工程を知る度、
その生産物への愛着と生産者さんへの敬意が溢れ出ます。
わかめでも、メカブでも、海苔でも、
そして、
七ヶ浜でこれから始まる稲作や園芸農業においても
えっ?!こんなことしてるんだっ!!!という
生産の現場を
これからもお届けしたいと思っております(`・д´・ )ゞ
スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2013/05/12(日) 00:27:20|
  2. 7-七プロジェクト2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanalabo.blog.fc2.com/tb.php/67-f966ee28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。