七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

海開きに向けて!七ヶ浜町向洋中学校さんも参加表明♪

5月28日七ヶ浜町向洋中学校さんにお邪魔いたしました!

IMG_7091.jpg
向洋中さんは東日本大震災を機に、
昨年9月から総合学習の時間を使って
七ヶ浜町の震災の聞き取りや命の大切さを考える活動・授業を行っていらっしゃいます。

今年3月13日に開催された「Umi-tsunagu」の紙芝居の作品。。。
紙芝居
向洋中学校の皆さんも一緒に制作されたそうです。
 ・町のことをより深く知る
 ・震災を引き起こした地震のメカニズム・被災状況を調べる
 ・自分たちにできることを考え行動(ボランティア・交流・七ヶ浜町のPR・記録保存)するチームを結成し
今年4月『Fプロジェクト』として活動を強化されました。

その一環として、
7月29日開催される菖蒲田浜海開きに向けての活動に
今回参加いただくことになったのです!!
先ずは、
海開きへ向けて行われる7月9日の菖蒲田浜清掃活動の打ち合わせに。
IMG_7084.jpg
Fプロジェクト チーフマネージャー・サブマネージャー・広報チームの生徒さん5名と
取りまとめいただく顧問の担当の瀬成田先生、美希先生、
そして、なならぼを合わせて計8名での打合せでした。

Fプロジェクトの活動記録の資料を拝見し、
震災の時には小学校2年生だった浜っ子が、
こうして活動していることを頼もしく思えて。。。
ふと記憶が蘇ってしましました。
ボランティアセンターで活動していた時のことですが、
センターの受付を仕切っていたのは中学生の女の子でした。
ボランティアさんが来て、
 ・気持ちよく作業をしていただくにはどうしたらいいか。。。
 ・効率よく受付をするにはどうしたらいいか。。。
などなど、私たちボランティアが休憩している隣で同い年の子たちと熱い議論をしていた事…。
頼もしいのは七ヶ浜のDNAなのかもしれませんね♪

IMG_7086.jpg
今回の活動でも、たくさんの経験や学びを得ていただければと思っています。
先ずは海開きに向けて、ともに前へ!!
向洋中学校Fプロジェクトの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/
スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2016/05/31(火) 09:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形県西川町中学校の皆さん、ありがとうございました!

5月19日 (木)なならぼ農園にて
山形県西川 中学校2年生47名の生徒さんによる
七ヶ浜町の環境保全のため農園作業ボランティアを行っていただきました。
西川町中学校の生徒さんは今年で3回目の七ヶ浜ボランティア活動。
震災から5年を迎え、生徒さんたちが一人ひとり被災地に何ができるかを考え、
「忘れない、想いを寄せ続けること」という答えを出したそうです。

先ずは、オリエンテーションを行い、
安全第一ラジオ体操からスタート。
1

その後、なならぼ農園での活動として
農園の草取りや
2

ハマギクの挿し木。
3
「逆境に立向かう」 という花言葉を持つハマギク。
挿し木したハマギクを西川町に持ち帰って
七ヶ浜の逆境に立ち向かう思いを繋いでいただきました!

作業後は、多聞山、表浜へ。
5

4
波打ち際でテンションあげまくりの笑顔と歓声。
今年初めての海だったのではないでしょうか♪
今年開かれる菖蒲田浜海開きとリンクして嬉しくなってしまいました。

最後には、
校歌をはじめ歌のプレゼントも\(^o^)/
6
校歌・絆・自分らしく・ふるさと・花は咲く
「忘れない、想いを寄せ続ける」そのままの選曲…。
やさしさあふれる生徒さんの思いに心が温かくなりました。
西川中学校の皆さん、ありがとうございました!

こちらの活動は、
5/22の河北新報朝刊・オンラインニュースにも掲載いただきました。
20160522河北新報オンライン
オンラインニュースはこちらから

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2016/05/30(月) 09:00:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。