FC2ブログ

七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

なならぼに強力助っ人、現る

大量印刷の多いなならぼ。
夜な夜なインクジェットプリンターのあの音が明け方まで続くこともあります。
コスパも悪いし、時間もかかるし、持ち出しで、買おうかな…
と思っていた矢先、
フェイスブックのつながりで、
このたび、レーザープリンターをご支援いただけることになったのです。
しかも、人手不足のなならぼのために、搬送スタッフまで募っていただきまして・・・

IMG00362.jpg
総重量55KGのレーザープリンターを搬入いただきました。

ご支援いただいたのは、
「ありんこ支援隊」として活動している
名取といってもほぼ仙台(R286付近)のバイク用品屋さん「トレックフィード」さん。

皆さん方は、
「蟻のような小さな力でも、みんなで協力し合えば大きな力になる」と
日本全国のバイク愛好者の方々から寄せられた物資・義捐金を被災地域に送り届けていらっしゃいます。

なならぼの前身は、それぞれが七ヶ浜に来た・住んでいるいちボランティア。
あの光景の中、
こんな量を人の手なんかでほんとうになくすことができるのだろうか。
でも、とにかくやるしかないよな、と手作業で土嚢袋や木柱、コンクリートと格闘していました。
あれから2年。6万人を超えるボランティアの方々が七ヶ浜町での活動に携わっています。
そこに見えたものは、人の手の力です。
ありんこ支援隊さんもおっしゃいいていたように、
小さな人の手が集まることで成し得ることができた事実が、そこにあります。
なので、ありんこ支援隊さんのおっしゃりたいこと、とてもよく分かります。

IMG00364.jpg
このたびは、本当にありがとうございます。
有効に活用させていただきますm(_ _)m
ありんこ支援隊さんも、
安全第一で活動してくださいっ!

ありんこ支援隊の活動は、こちら!
トレックフィールドさんのホームページは、こちら!
スポンサーサイト



テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2013/04/05(金) 02:49:21|
  2. 7-七プロジェクト2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高校生のボランティア体験から生まれた支援

震災後、七ヶ浜町災害ボランティアセンターで
七ヶ浜町内の瓦礫撤去作業をボランティアとして継続的に訪れていた、
クラーク記念国際高等学校仙台キャンパス、横浜青葉キャンパスの皆さん。

昨年、
瓦礫撤去以外に何かできないかと生徒さんたちが自ら考えて、
義援金を集めるために作付を行うことになりました。
なならぼでは、農地の手配調整。

その土地で生徒さんたちが、
畑を耕し、
月1~2回畑の手入れをし、
小豆を収穫。

そして収穫した小豆を
カップケーキにして横浜青葉キャンパスの皆さんが販売を担当。

IMAG0345.jpg
今日は、その収益を農家の皆さんへと届けにきてくださいました。

今期は、ほうれん草の種まきをする予定だそう。
種まきから収穫まで、
いろいろ大変でしょうけれど、立派なほうれん草を育て上げてください!
皆さんありがとうございます。


なならぼも、
農家の方と皆さんをこれからも様々な形でお繋ぎできるよう頑張りますね。

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2013/04/05(金) 00:06:51|
  2. 7-七プロジェクト2018
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0