七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七ヶ浜 海苔養殖の種貝の紐通し作業

七ヶ浜と言えば、海苔の養殖も有名です。
親潮と黒潮がぶつかる三陸海域は、
プランクトンが豊富で、それを餌とする魚が集まり、
世界有数の豊富な漁獲量を誇っていました。
松島湾に面するこの七ヶ浜地域では、滋養豊富な海水だったのでしょう。
昔から海苔の養殖が盛んで、
のりのり君というご当地キャラクターが出現するほどでもあります。
norinorikunn.jpg
向かって右が海苔キャラ「のりのりくん」
左は町の特産魚ぼっけの「ぼーちゃん」です。

そして、今年の皇室献上海苔は、七ヶ浜産!

あの日、
海苔の収穫も最盛期を迎え、
外では摘んだ海苔を洗ったり、乾燥機に入れたりと作業行っていたそうです。
そして、M9の地震による津波。。。
海苔の養殖の最盛期だった事もあり、
漁具のほとんどは、海上・海岸付近にあり津波により流されてしまったそうです。
一年半が経ち、
助成金等の支援により、
従事されていた皆さん、
そのあとを継ぐ二代目・三代目の後継者の皆さんとで
各地域で組合を立ち上げ
今回お邪魔した
代ケ崎(よがさき)・花渕浜(はなぶちはま)でも、海苔の養殖事業を行う事となりました。
海苔養殖に従事される方は、
震災前の六割になったそうです。

海苔の網に種をつける作業には2種類あります。
陸上で、大きな回転式のローラーに網をかけ網に種をつける方法と
海上で、種の付いた貝殻を網の上において自然に種をつける方法があるそうです。
今年は、後者の方法で今年海苔を作くるそうです。
そして今日は、2か所の作業場で
その海苔の種の付いた牡蠣がらをばらして、麻紐に通す作業のお手伝い。
代ケ崎では1万枚を、花渕浜では2万枚を、紐に通す作業でした。

先に工場が出来上がっている代ヶ崎チームは、工場の見学を兼ねてからの作業。
norikoujou1.jpg
こちらの工場には、
2.5時間で2万枚の海苔を乾燥させる
七ヶ浜でも最大級といってもいいほどの、海苔の乾燥機が入っているそうです。
nori8.jpg
花渕浜の作業場。
処狭しと種貝が吊るされた水槽がいっぱいです。

nori3.jpg
手作業で1本1本作られる、紐通しの麻紐。花渕浜のお母さん達のお手製です。
nori6.jpg
この麻紐に、2つの種貝の内側を合わせるように組み合わせて作ります。

nori2.jpg
代ケ崎チームと
写真
花渕浜チームとの作業風景。

皆さん一生懸命に牡蠣がらの穴に1本の紐を通す作業を
黙々と集中して行っていただいておりました。

泥かきでもない、瓦礫撤去でもない、
恐らく今まで体験した事のない作業だったかと思います。
これからは、それが、町の基幹産業を支える、大きな仕事(活動)になります。

ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/21(金) 17:10:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しちがはまドリー夢に、紹介いただきました!

七ヶ浜町社会福祉協議会
七ヶ浜町復興支援ボランティアセンター発行の
ボランティア情報誌「ドリー夢」。
dori-mu.jpg
ボランティアさんの七ヶ浜での活動を、地域の皆様へ知っていただく情報誌です。


私達なならぼメンバーも、
震災当初より、センターでの屋外活動や運営作業をお手伝いさせていただき、
昨年は、菖蒲田浜復興まつり
そして、今年は
ありがとう 七ヶ浜海まつり で実行委員会メンバーとしても参加。
今年の3月に「七ヶ浜復興研修室 なならぼ」として活動をはじめ早半年。
七ヶ浜町社会福祉協議会さん、復興支援ボランティアセンターさんから
お話をいただきご紹介いただくことになりました。
dori-mu_1.jpg
※メンバーとの打ち合わせではなく、「生産者さんとの打ち合わせ」です♪

生活が落ち着けば、生活を始めるための産業が動きだします。
これから徐々に始まる基幹産業復旧復興の応援に向けて、
わたくし達も、出来る限りの応援をしてゆきたいと思います。
これからも、宜しくお願い致します。

ドリー夢9月号詳細は、こちらからご覧いただけます!

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/16(日) 22:42:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

納めてまいりました!「豊漁祈願 ビブス」

先週5日・6日と行わせていただきました
花渕浜わかめ部会さんの養殖に使う漁具「サンドバック」の砂詰め作業。
ご協力いただいた神青協一都七県の皆様からお預かりした
応援メッセージの入ったビブスを
先日、お届けいたしました。

生産者の皆さんも「お~っ!」という声と共に、
飾っぺ! ここさ、飾っぺ(ここに飾ろう)!!と、
風通しの良い気持ちのいい南向きの窓辺にたなびいています。

2012-09-14120827_1.jpg

神事を司る方々からのメッセージ!
七ヶ浜の海に、
豊漁のご利益がありますように。。。

神青協一都七県の皆様、ありがとうございます!

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/16(日) 22:08:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボランティさんとサンドバック作り 第2弾

先週に引き続き、
今週は、50Kg近くのサンドバックを作る作業を
七ヶ浜花渕浜わかめ部会さんの下で行いました。
協力いただいたのは、日本郵政グループ労働組合(JP労組)明石支部さん。

先週は
ワカメ養殖のロープに付ける4Kgのサンドバック(重り)を作り、
今日は、
養殖区域の印となる目印の下に付ける50Kgのサンドバック作り80個分を行いました。

IMGP0086_1.jpg
3人一組でチームを組んで、
スコップ10杯分の砂を、しっかりとした土嚢袋に詰め込みます。


IMGP0094_1.jpg
積載場所までは、重機で運ぶのですが、
浜から重機までは短距離といえども、
IMGP0090_1.jpg
約50Kgの袋を持ちあげる事はせず、砂浜を引きずりながらの運搬。

この作業が、ほんと、しんどい・・・
残暑厳しい午前中の炎天下の中の力仕事。
漁師さん達も、
せっかく来てくれたのに、体をやられては申し訳ないと、
気を使っていただきながらの休み休みの作業でしたが、
休憩中の合間にも滴る汗…。
熱中症の3文字が右往左往しておりましたが
炎天下で配達してますから任せてください!という力強いお言葉を戴き、
午前午後と計80個の重りを完成させていただきました。


休憩の合間には、
震災後の事や、今年の養殖にかける意気込みなどの話もあり、
普段とは違ったこれからの産業復興への足掛かりとなる作業に、
JPの皆さんも、更に理解を深めていただけたようです。

2012-09-14 14.52.06_1

炎天下の中、
日本郵政グループ労働組合(JP労組)明石支部のみなさん、
本当にありがとうございます。
明日の活動も、安全第一で務めてくださいね。


漁師さんの堅口結び!
お野菜を入れた袋をつるす時とか、
日常生活にも役立ちそうだったので、動画でUpしてみました。
こちらをクリック!

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/15(土) 00:48:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の淵わかめ サンドバック砂詰め作業開始!

9月5日午後・6日午前と
今季の花の淵わかめの養殖に使う漁具「サンドバック」作りを行わせていただきました。

ご協力いただきましたのは、
 サンドバック本体協賛…一般社団法人ワカツクさんが行っているF+プロジェクト
 砂詰め作業協力…神青協(神道青年全国協議会)一都七県の34名の皆様 です。
神青協(神道青年全国協議会)さんは、
神事を執り行う神社の40歳未満の神主さんの青年部会。
関東<一都七県>からお見えになられたそうです。

先ずは、漁師さんと一緒にサンドバックの作り方のレクチャー。
IMG_0037_convert_20120906170918.jpg

IMG_0038_convert_20120906171149.jpg
ひもの結び方や、

fc2blog_20120905133426cc2.jpg
口の結び方、

IMG_0042_convert_20120906171410.jpg
七ヶ浜ボランティアセンターで震災以降ボランティア活動をされている
通称師範代も、土嚢袋と勝手が違うと四苦八苦。

IMG_0057_convert_20120906180434.jpg
当初は15~6名での作業予定だったのですが、
34名=倍の人数での作業となり、

IMG_0048_convert_20120906171547.jpg
サンドバックを運ぶ漁師さん達も追いつかない程のスピードで
どんどんとパレットの上に積み上げられます。
このフォークリフトは、四国から支援品として届けられたそうです。
ありがとうございます!

IMG_0043_convert_20120906183539.jpg
そして…、
あっという間に一日の作業が終了。
じつは、この日、
七ヶ浜に縁のある宮司さんが!
多賀城の大代にある柏木神社の宮司さんの義理の息子さんもいらしていたのです。
義理のお母様にあたる宮司様もお越しになり、
一人、人の力ではどうにもならない事が沢山あります。
しかし、
一人一人の力を合わせることで、前進することができるのです。
本当に、ありがとうございます。
そして他の被災地の方のためにも、ご尽力ください。
とご挨拶をされていらっしゃいました。


そして、2日目。
午後から荒天になるという予報が出ていたため、
午前中に作業を終了する段取りで、サンドバックの砂詰めスタート。

IMG_0059_convert_20120906172240.jpg
力自慢の宮司さん。
宮城県大和町から応援に駆けつけてくださいました。
一袋4Kg超え。
楽々と40Kgの運び方をこなされていました。

IMGP0075_convert_20120906172659.jpg
当初は予定に入ってなかったのですが、
養殖地域の区分を行うために、海上ではロープを張るのだそうです。
そのロープにくくりつける40Kg超えのサンドバック作りも行われました。

2012-09-06115901_convert_20120906184051.jpg
雨が降り始めたころに、作業終了。


センターに戻り、お昼ごはんのあと、

IMG_0065_convert_20120906212252.jpg
お帰りの時間までスライドショーを開催。
養殖わかめと天然わかめの付き方の違いや
サンドバックが養殖のどの工程で利用されるのか等、
花の淵わかめ」の出来るまでの流れをお伝えさせていただきました。

2012-09-06142414_convert_20120906184156.jpg
お帰りの前に、
宮司さんからの寄せ書きを
ボランティアセンターと花渕浜わかめ部会さんへといただきました。
神事をつかさどる宮司さんの魂のこもった寄せ書き。
大漁(大量生産)祈願のご利益がありそうです。

神青協一都七県の皆さんは、
次に宮城を代表する神社 金華山にある「黄金神社」の修復ボランティアを行われるそうです。
金華山は、お正月ともなれば元朝詣りで賑わう場所。
しかし、震災後は津波と地震の被害の影響もあり各所に多くの傷跡が残っているそうです。
どうぞ、今までのような黄金神社になるよう、
宜しくお願い致します。

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/06(木) 18:22:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の淵わかめのサンドバック作り!

神青協一都七県協議会さんの
ご協力をいただきまして、
今年の花の淵わかめの養殖に使う
サンドバックを作っていただいています!
ありがとうございます!!
  1. 2012/09/05(水) 13:36:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンドバックの準備をボランティアさんと始めます!

成育順調! 七ヶ浜 花の淵わかめの芽胞体♪
9月下旬には「沖出し」と呼ばれる、
わかめの幼葉を育てるための第2段階の準備に取り掛かることが出来そうです。
沖だしを終えて、成長したわかめの幼葉↓
ワカメ幼芽_2


「沖出し」とは、
種付けで芽胞体が付着したロープを、
波の穏やかな海中でゆっくりと育て上げる作業です。
沖出しイメージ
※資料提供/宮城県水産技術総合センター

そして、沖出しの後わかめ養殖の本格的な作業に入るのですが、
そのために必要な漁具の一つが「サンドバック」。
2012-04-10 13.08.51_1
名前の通り、砂袋です。
沖出しのイメージ画像にも記されておりますが、
2か所○印のブイの脇に付けて、
わかめが海水に良い具合に浸かるようにするものです。

この度、
七ヶ浜復興研究室 なならぼも加盟している
一般社団法人ワカツクさんの東北1000プロジェクトさんのF+Projectより
サンドバックの購入費として1,000枚分のご寄付をいただき、
漁師さん、ボランティアさんと一緒に砂詰めを行うことになりました。
サンドバックの発注も済み、
9月5日・6日に作業を行う予定です。

作業報告は、後日!
お楽しみに♪

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2012/09/02(日) 22:36:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。