七ヶ浜復興研究会なならぼ nanalabo Blog

東日本大震災により壊滅的な被害を受けた宮城県七ヶ浜町の漁業と農業を支援・応援するブログです。

被災地復興のバトンリレーが始まりました!

セブン&アイフードシステムズさん+なならぼの共同事業
7-七プロジェクト。
3月4日(土)からの開催に向けて、
七ヶ浜町からわかめ約500Kgの発送作業を行いました!
IMG_0593_1.jpg

一番手間のかかる、PPバンドのストッパーも
「こうすりゃ早いのっしゃ!」と手早く分担作業!
IMG_0595_1
この作業…、なならぼは、何度やっても知恵の輪状態です。。。

大量出荷にはなりますが、
4年目の作業という事もあり、加工体験の準備同様、流れ良く事が運んでゆきます。
IMG_0594_1.jpg
午前いっぱいかかるかな?と思っていた作業も
お昼前には終了してしまい、ヤマト運輸さんに気持ちと一緒に託させていただきました。
七ヶ浜から東京へ、
そして全国のセブン&アイグループ、一般企業の社員食堂の皆様へ、
美味しさのバトンリレーのスタートです。

発送は使用するわかめ一式お送りするのですが、
前回のブログにも書かせていただいたよう、
現地での芯抜き作業体験の他、少しでも生産者さんの加工作業の軽減を図ろうと
昨年から東京本社内にて社員ボランティアさんが集い、
わかめの芯抜き作業を行っていただいております。
今回は、2月24日(土)に社内ボランティアを開催。
初めて七ヶ浜で加工体験に参加された皆さんも、手さばきよく芯抜きを披露してくれることでしょう。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

お写真が届きましたら、またこちらのブログで紹介させていただきますね。


周りの家屋も道路拡張・かさ上げで取り壊されていますが、
あの日のままの建物が漁港近くに残っています。
IMG_0600_1.jpg
震災から6年・・・。
町の景色も徐々に新しくなり、
津波到達点だけのロードサインだけが残るようになった今、
七ヶ浜町の震災遺構といっても過言ではない家屋の一つです。
いづれ取り壊されてしまうかもしれませんが
拝見するたび、忘れてはいけない、語り継がなければならないことがあることを
痛感させられる光景です。
スポンサーサイト

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2017/02/25(土) 03:38:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2017年7-七プロジェクト始まりました!

IMG_0513_1.jpg
今年も始まりました!7-七プロジェクト!!

IMG_0394_1.jpg
このプロジェクトも今年で4年目。
セブン&アイフードシステムズさんが関わるセブン&アイグループの社員食堂内にて、
被災地復興の一環として七ヶ浜の商品を扱っていただいている支援事業になります。

初めは1桁台での開催でしたが、今年はなんと190店舗様 で
七ヶ浜町産のわかめ・みちのく寒流海苔を使ったメニュー提供・物販を行っていただくことになりました。
IMG_0393_1.jpg
IMG_0402_1.jpg
2月2日 セブン&アイフードシステムズ本社から担当チームが来浜。
生育状況や今年のメニュー、発送スケジュールなどわかめ部会の皆さんや漁協さんと打ち合わせの後、
七ヶ浜町 寺沢町長 平山副町長との会談を行わせていただきました。

そして、このプロジェクトのメーンの一つが、「大人の食育」。
普段食べているものが、どういう過程で生産されるのか「身をもって体験」していただこうという事も含まれているのです。
2月11日、第1弾を迎え・・・
わかめ部会さんは、皆さんのお迎え準備をサクサクとこなし、
なならぼが「こうしましょう」という間に大きな加工テーブルを設えてしまいました(笑)
IMG_0491_1.jpg
今年、初めてわかめ加工にトライ!いただくのは6名の皆さん。
の前に…、宮城の方ならご存知の「本間ちゃんのラジオ体操」で準備体操。
かがんだままの作業なので、こういう準備は大切です!
段取りを組んでいただいた秋山さん、グッジョブでした!!

IMG_0499_1.jpg
テーブルに広げられた塩蔵ワカメ。
葉の部分と茎の部分の裂き方(=芯抜き)方法を
震災以降わかめ部会さんでお手伝いをしてくださっている小坂さんからレクチャーを受け
加工スタート!
午前・午後活動しても余る量でおもてなしのはずだったのですが、
20名参加いただき、そのうち14名は
1~3年この活動に参加いただいている芯抜きエキスパート!
IMG_0511_1.jpg
というわけで。。。
余る量も余らず、予定よりも1時間早く終了となってしまいました。

名称未設定 2
7-七プロジェクト創設メンバーの浅田さんの動画をいただきました!
ここでは再生できないのでコマ送りで♪
20秒足らずであっという間の芯抜き、お見事です。
芯抜きマイスターですね!

浜での作業は第1弾。
次回は、2月24日(土)セブン&アイフードシステムズさんの本社で、
社員ボランティアさんが集まり、今回体験した皆さんが芯抜きの作業をレクチャーし、
50KGのわかめの芯抜き作業を行います!
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

お帰りの合間の時間・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年試験的に海開きを再開した菖蒲田浜海水浴場へ。
16729565_1148103891975532_3672130416030402179_n.jpg
午後は雪!という天気予報も、
セブン&アイフードシステムズスタッフの皆様の気持ちにはかなわなかったようで。。。
16708238_1148103921975529_8915958369986315326_n.jpg
青空がとても美しい一日でした。

セブン&アイフードシステムズの皆さん、今年もありがとうございます!
会期終了まで、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2017/02/25(土) 02:47:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海開きに向けて!七ヶ浜町向洋中学校さんも参加表明♪

5月28日七ヶ浜町向洋中学校さんにお邪魔いたしました!

IMG_7091.jpg
向洋中さんは東日本大震災を機に、
昨年9月から総合学習の時間を使って
七ヶ浜町の震災の聞き取りや命の大切さを考える活動・授業を行っていらっしゃいます。

今年3月13日に開催された「Umi-tsunagu」の紙芝居の作品。。。
紙芝居
向洋中学校の皆さんも一緒に制作されたそうです。
 ・町のことをより深く知る
 ・震災を引き起こした地震のメカニズム・被災状況を調べる
 ・自分たちにできることを考え行動(ボランティア・交流・七ヶ浜町のPR・記録保存)するチームを結成し
今年4月『Fプロジェクト』として活動を強化されました。

その一環として、
7月29日開催される菖蒲田浜海開きに向けての活動に
今回参加いただくことになったのです!!
先ずは、
海開きへ向けて行われる7月9日の菖蒲田浜清掃活動の打ち合わせに。
IMG_7084.jpg
Fプロジェクト チーフマネージャー・サブマネージャー・広報チームの生徒さん5名と
取りまとめいただく顧問の担当の瀬成田先生、美希先生、
そして、なならぼを合わせて計8名での打合せでした。

Fプロジェクトの活動記録の資料を拝見し、
震災の時には小学校2年生だった浜っ子が、
こうして活動していることを頼もしく思えて。。。
ふと記憶が蘇ってしましました。
ボランティアセンターで活動していた時のことですが、
センターの受付を仕切っていたのは中学生の女の子でした。
ボランティアさんが来て、
 ・気持ちよく作業をしていただくにはどうしたらいいか。。。
 ・効率よく受付をするにはどうしたらいいか。。。
などなど、私たちボランティアが休憩している隣で同い年の子たちと熱い議論をしていた事…。
頼もしいのは七ヶ浜のDNAなのかもしれませんね♪

IMG_7086.jpg
今回の活動でも、たくさんの経験や学びを得ていただければと思っています。
先ずは海開きに向けて、ともに前へ!!
向洋中学校Fプロジェクトの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします\(^o^)/

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2016/05/31(火) 09:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山形県西川町中学校の皆さん、ありがとうございました!

5月19日 (木)なならぼ農園にて
山形県西川 中学校2年生47名の生徒さんによる
七ヶ浜町の環境保全のため農園作業ボランティアを行っていただきました。
西川町中学校の生徒さんは今年で3回目の七ヶ浜ボランティア活動。
震災から5年を迎え、生徒さんたちが一人ひとり被災地に何ができるかを考え、
「忘れない、想いを寄せ続けること」という答えを出したそうです。

先ずは、オリエンテーションを行い、
安全第一ラジオ体操からスタート。
1

その後、なならぼ農園での活動として
農園の草取りや
2

ハマギクの挿し木。
3
「逆境に立向かう」 という花言葉を持つハマギク。
挿し木したハマギクを西川町に持ち帰って
七ヶ浜の逆境に立ち向かう思いを繋いでいただきました!

作業後は、多聞山、表浜へ。
5

4
波打ち際でテンションあげまくりの笑顔と歓声。
今年初めての海だったのではないでしょうか♪
今年開かれる菖蒲田浜海開きとリンクして嬉しくなってしまいました。

最後には、
校歌をはじめ歌のプレゼントも\(^o^)/
6
校歌・絆・自分らしく・ふるさと・花は咲く
「忘れない、想いを寄せ続ける」そのままの選曲…。
やさしさあふれる生徒さんの思いに心が温かくなりました。
西川中学校の皆さん、ありがとうございました!

こちらの活動は、
5/22の河北新報朝刊・オンラインニュースにも掲載いただきました。
20160522河北新報オンライン
オンラインニュースはこちらから

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2016/05/30(月) 09:00:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

七-7プロジェクト最終販売のご報告♪

3月18日に最終販売を終えた
なならぼ×セブン&アイフードシステムズさんとの
七ヶ浜復興応援企画 七-7プロジェクト。
全ての販売食数集計が終わり、
その結果をご報告申し上げます!!

最終週は、一般企業 4社様のご協力のもと
 3種の海鮮丼~海苔しょうゆ仕立て
 わかめとイカの塩焼きそば
 わかめたっぷり!焼き餅ラーメン
 わかめたっぷり!海鮮塩ラーメン
 鶏唐揚げゴマソースとわかめのナムル
 わかめたっぷり!竹輪天そば を週替わりでご提供いただきました。

一般企業様での開催のため現地で撮影したお写真はございませんが、
前回、お伝えした流通店舗様の食堂では、
提供方法について各代表のスタッフの皆さんが
 どうしたら興味を持ってもらえるか、
 どうしたら食べてもらえるか、
 どうしたら企画の意図をわかってもらえるか。。。など、
日々たくさんの課題を考えて、カイゼンして、
来年に向けてもっとこうしたい!と様々なご意見を本部へ発信。
こうして毎年カイゼンして、積み重ねられた3年目、
全国33店舗様での販売数は、
なんと!19,086食!!


19,000という数字は、
昨年度の七ヶ浜町の町民数と一緒の数字なんです(笑)
七ヶ浜のシチに因んだ「七-7プロジェクト」、
より七ヶ浜という文字に近いものに♪

震災5年目を経過し、開催は3年目。
3年目もこうして実施に向けて年度末のお忙しい中、
七ヶ浜での加工体験、東京本部での加工・発送のボランティアをして頂いた皆さん、
本部で運営を統括された皆様、
そして、この企画にご理解・ご協力をいただきました
各店舗デベロッパー様、各企業の運営の皆様、
本当にありがとうございます。
心より、御礼申し上げます。

IMG_0885_2016041200083255f.jpg
七-7プロジェクトで販売されたメニューの一部には
復興支援金も含まれております。
また追ってそちらのNewsもご報告させていただきます!

テーマ:東日本大震災支援活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

  1. 2016/04/12(火) 09:01:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ